• POSレジの価格はシステムの規模に応じて変わります

    POSレジはレジ操作を簡略化出来る、操作ミスを防止出来る、売り上げをリアルタイムに把握可能、小売店などでは在庫管理システムとの連携により在庫確認をせずに自動発注システムを構築出来るなど色々なメリットがあります。スーパーマーケットなどの小売店などではバーコードリーダーを内蔵したハードウェアが中心になりますが、居酒屋店や飲食店などではタブレット端末との連携によるPOSレジが主流になっており、POSレジの価格は利用する場所などに応じて異なる、システムの規模や連携などに応じて価格は変わります。



    POSレジは他のシステムとの連携により、便利に使う事が出来るシステムの中核でもあり、どのようなシステムを構築するのかに応じて価格も変わって来ます。
    例えば、飲食店や居酒屋店などの場合は、タブレットを使って注文を取るシステムを構築する場合、タブレット端末の台数、タブレットからのオーダー情報を本体に転送するためのネット環境などのコストが掛かる事になります。

    今、評判なのはこちらのYahoo!ニュースについての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

    タブレット端末をお客さんに提供する場合には、料理メニューをタブレット内部に構築するなどの費用も掛かるわけです。


    スーパーマーケットなどの場合は、バーコードを商品に取り付ける、スキャナーでそれを読み取るためのシステム化、バーコードの情報を管理するためのデーターベースや在庫管理、売り上げなどのシステム構築なども必要になります。



    尚、POSレジを導入する場合には、どのようなシステムを作りたいのかを明確にしておく事が大切です。