• ポスシステムのしくみ

    ポスシステムはpointofsalesystemの略称です。



    日本語では販売時点情報管理と呼ばれています。
    つまり売れるたびに情報として管理するシステムです。

    お手軽な朝日新聞デジタル関しての情報探しを行うならネットが便利です。

    小売では物品が買い取られるたびに売り上げが上がります。


    その情報の収集を行うのがポスシステムです。


    レジと呼ばれることもあり大型の小売店では複数台が並ぶこともあります。

    会計後にレシートと呼ばれる集計の結果が紙で印刷されて出力されます。それを顧客に渡すことで購入の証として使うことができます。
    収集される情報には商品の金額や数量はもちろんのこと購入者の年齢層や性別、その日の天気、購入時間などがあります。



    それらの情報からどのような商品がいつ、なん歳くらいの人に売れているのかと言うことや何時にどの層の人が購入するのかなどの売り上げ実績を分析する重要な手がかりになります。

    ポスシステムにはあらかじめ商品に貼付してあるラベルの情報を読み取るタイプのものやあらかじめ設定した項目から選ぶタイプのものがあります。いずれに事前に販売価格を設定して置く必要があります。
    効率的な運用のために多くの小売店で適用されているのがバーコードです。商品に貼付されたバーコードにあらかじめ値段を設定しておきポスシステムで読み込むことで情報が蓄積すると言うものです。最近ではタブレット端末を使用したものもあり、集計した情報の分析は別の場所で行うこともできます。
    分析した結果は次の商品の仕入れを行う時に活用することもできます。