• POSシステムの利用例

    • POSシステムとは、pointofsalessystemの頭文字をとったもので和訳すると販売時点情報管理の略称です。

      その内容は、物の販売状況を物ごとに管理する手法のことです。このPOSシステムを利用することで物の販売状況をデータとして蓄積することができ、経営状況の把握や販売動向の調査などに役立てることができます。


      POSシステムを利用している代表例には、日常生活でも一般的に利用されているレジ入力があります。

      レジ入力作業では物品に記載されているバーコードを専用のバーコードリーダを使って読み取り、その時に売れた物がなにであるかを管理します。


      ここで機械が読み取るのはバーコードの情報だけですが、機器の内部では自動的に売り上げ日時や売り上げ担当者などの様々な情報が記録されます。
      ここで記録された多くの情報は、ただ単に物が売れたという実績の記録だけにはとどまりません。

      こだわりの高いPOSシステム情報の公開中です。

      収集されたデータから会計情報を容易に作成することができるようになります。


      販売品が数千個あったとしても、データとして蓄積された売り上げ日時によって自動的に月間売り上げ金額が計算されます。

      goo ニュースの情報サイトはこちらです。

      また、どの担当者がどれぐらいのレジ作業をどれぐらいの時間で作業しているのかという作業実績も管理することができます。



      POSシステムそのものの機能は主に物が売れたときの情報を管理することですが、他の物流・会計システムなどと連携することで強力な経営支援システムとして利用することができるようになります。

  • ためになる企業

    • ポスシステムの機能とメリット

      ポスシステムは大手スーパーやコンビニエンスストアなどチェーン展開している商店が導入することで普及が加速し機能も強化されてきました。近年は低価格タイプも登場し、小規模店舗でも導入しやすくなってきています。...

  • おすすめ情報

  • 企業の基本知識・対策方法

    • POSレジのハードウェアとシステムの価格

      POSレジにはレジタイプの専用端末型、専用機とタブレットを併用するタイプ、タブレット型のシンプル機能を持つPOSレジなどの種類があり、それぞれニーズに応じて選べるようになっています。導入する場合に気になるのが価格かと思われますが、価格はハードウェア自体の値段とシステムの値段の両面を考えておく必要があります。...

    • POSレジの価格はシステムの規模に応じて変わります

      POSレジはレジ操作を簡略化出来る、操作ミスを防止出来る、売り上げをリアルタイムに把握可能、小売店などでは在庫管理システムとの連携により在庫確認をせずに自動発注システムを構築出来るなど色々なメリットがあります。スーパーマーケットなどの小売店などではバーコードリーダーを内蔵したハードウェアが中心になりますが、居酒屋店や飲食店などではタブレット端末との連携によるPOSレジが主流になっており、POSレジの価格は利用する場所などに応じて異なる、システムの規模や連携などに応じて価格は変わります。...